我が家の外壁塗装体験記 その5 相見積もりを依頼する業者を決めた。...

HP頼みとはいえ、広く見れば全国各地に、良さそうな塗装屋さんはたくさんあって、どういう手順で探していこうか迷いそうになるが、あまり欲ばらずに、例えば自宅に近いという範囲で考えれば、比較可能な数にまでに減らすことはできる。
皆さんの基準で、数社に絞って、その数社のHPを、隅々まで見てもらったら良いと思うが、HPには「社長さんの挨拶」「塗装依頼のノウハウ」「価格」「施工事例」などなど見どころは多い。そういう意味では、しっかりとしたHPを開設している業者さんは有利と言えるかもしれない。

私の場合は、前々回に書いた③と④に基づいて、2社に絞った。E社とD社である。
E社は、自宅から10分程度のところに店舗があり、HPは、やはり社長さんの塗装に関するこだわりがすごく感じられ、作業の説明や解説にも、そのこだわりが反映されていた。その他、塗装についての諸々の説明も丁寧で、コラム的な部分も読み応えがあり、一つ一つが納得の行くものだった。
こちらが見積もりに納得して発注すれば、あとは下地からカッチリ仕上げてくれそうな雰囲気である。逆に、配色なんかは、依頼主の判断が大きいと思うが、あまり変化球的なプレゼンあるいはアプローチはしないように見受けられた。

D社は、本社が至近なところにあり、ショールームも、市外ではあるが、車で10分ぐらいのところにあるので地理的条件はクリヤーしている。料金は、グレード別にパック料金になっていて、仕上がりについての依頼主の感想も悪くない感じだった。私にとっては、ショールームがあるのがミソで、塗装見本やシュミレーションが充実していそうに思えた。そういう意味では、仕事はキッチリしているという前提で、こちらにはプレゼン力に期待したといえる。

E社の方には、社長さんに電話で、D社にはショールームに出向いて、建物の調査(下見)を依頼した。同じ休日の午前と午後にそれぞれ来てもらうことにした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック